当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

マキタ充電式草刈機MUR195UDRGとMUR195SDWFの違いを比較!どちらがおすすめ?

充電式園芸工具

マキタ充電式草刈機MUR195UDRGMUR195SDWFの違いを比較!どちらがおすすめ?について解説します♪

MUR195UDRGMUR195SDWFの違いを具体的にまとめました。

マキタ充電式草刈り機MUR195UDRGの記事はこちら

MUR195UDRGMUR195SDWFの違いを比較したところ、以下の4つでした。

  1. 本体とバッテリー充電器とのセット品のMUR195UDRGの付属バッテリーが6.0Ahですが 、MUR195SDWFだと付属バッテリーが3.0Ahの付属になります。
  2. 本体とバッテリー充電器とのセット品のMUR195UDRの急速充電器がDC18RFですが、MUR195SDWFだとDC18WCになります。
  3. MUR195UDRGには、DCホワイトチップソーが付いてます。
  4. MUR195SDWFには、軽快チップソーが付いてます。

どちらにも同じ18Vモーターが搭載されているので、草刈り機のパワーとしては同じです。

大きく違うのは付属のチップソーバッテリー充電器のセット品の違いです。

本文で、詳しくお伝えします!

付属バッテリーが6.0Ahと充電器のセット品MUR195UDRGはこちら

付属バッテリーが3.0Ahと充電器のセット品MUR195SDWFはこちら

 

マキタ充電式草刈機MUR195UDRGとMUR195SDWFの違いを比較

MUR195UDRGMUR195SDWFの違いを比較したところ、4つありました。

  1. 本体とバッテリー充電器とのセット品のMUR195UDRGの付属バッテリーが6.0Ahで、 MUR195SDWFだと付属バッテリーが3.0Ahの付属になります。
  2. 本体とバッテリー充電器とのセット品のMUR195UDRGの充電器が急速充電器DC18RFMUR195SDWFだとDC18WCになります。
  3. MUR195UDRGには、DCホワイトチップソーが付いてます。
  4. MUR195SDWFには、軽快チップソーが付いてます。

それでは、ここから4つの違いを詳しく説明していきますね。

本体とバッテリー充電器とのセット品のMUR195UDRGの付属バッテリーが6.0Ah、 MUR195SDWFは付属バッテリーが3.0Ahになります。

バッテリーが充電器とセット品のMUR195UDRGは付属のバッテリーが6.0Ah MUR195SDWFが3.0Ahが付いています。

付属バッテリーの6.0Ah、3.0Ahは容量です。エンジンで言えば、燃料タンク容量になります。

大きい数値の方が貯めれる電池が多くなるので、使用時間が伸びます。

本体とバッテリー充電器とのセット品のMUR195UDRGの充電器がDC18RF、MUR195SDWFだとDC18WCになります。

DC18RFは急速充電器なので、6.0Ahバッテリーが40分で充電できます。

DC18WCは急速充電器ではないので、6.0Ahバッテリーで160分、3.0Ahバッテリーで80分充電時間がかかりますのでご注意ください。

充電時間が160分かかる充電器DC18WCはこちら

40分で充電できる急速充電器DC18RFはこちら

MUR195UDRGには、DCホワイトチップソーが付いてます。

DCホワイトチップソーはマキタ純正品のチップソーで、低振動&省エネが特徴の草刈り刃チップソーです。従来品比較で、1充電当たりの作業面積約25%アップとなってます。

MUR195SDWFには標準では付いていませんが、取り付け可能ですのでご安心ください。

マキタ純正品DCホワイトチップソーはこちら

MUR195SDWFには、軽快チップソーが付いてます。

軽快チップソーはマキタ純正品のチップソーで、メッシュタイプの台金で軽快な使用感が特徴の草刈り刃チップソーです。

マキタ純正品軽快チップソーはこちら

MUR195UDRGとMUR195SDWFどっちがおすすめ?

MUR195UDRGMUR195SDWFは、どんな方におすすめなのか説明していきますね。

MUR195SDWFがお勧めの方

  • MUR195SDWFがお勧めの方は、それほど広い面積も草刈りしないし充電時間も気にならないのですこしでも価格を抑えたいという方。

バッテリーも3.0Ahで容量も少ないですし、充電器もDC18RFに比べて充電に時間がかかりますが本体の性能は同じですから少ない面積を草刈りされるのであれば問題ありません。

付属のチップソーは、別途購入して取付も可能です。

付属バッテリーが3.0Ahと充電器のセット品MUR195SDWFはこちら

MUR195UDRGがお勧めの方

 

 

  • MUR195UDRGがお勧めの方は、付属バッテリーが6.0Ah急速充電器DC18RFという事から広い面積を草刈りされる方向けのセットになります。

広い面積を草刈りされる方は、時間もかかりますしバッテリーの消費も激しいです。

6.0Ahの大容量バッテリーは、少しでも稼働時間が長くなります。そして無くなったバッテリーの電気を再充電する際の充電器も、急速充電器なので早く充電ができます。

  • DCホワイトチップソーも、必要だからと言う方

低振動&省エネが特徴の、草刈り刃チップソーが最初から付いてます。

このチップソーを別で購入される方もいるほど、マキタ純正の優れたチップソーでもあります。

充電式草刈り機に、最適なチップソーです。

付属バッテリーが6.0Ahと充電器のセット品MUR195UDRGはこちら

MUR195UDRGとMUR195SDWF共通の機能は?

今までは違いをお伝えしてきましたが、MUR195UDRGMUR195SDWF共通の機能は何があるのか?お伝えしますね。

バッテリーと充電器の違いは上記で説明をしてきましたが、本体であるMUR195は同じ商品です。ここでは、本体の共通の機能についてお知らせします。

マキタ公式サイトより

今までのマキタ充電式草刈り機は、前部にモーターが付いてました。エンジン式の草刈り機はエンジンが後ろなので、バランス的に感覚が違うとよく言われていました。

今回のマキタ充電式草刈り機MUR195はモーターがエンジン草刈り機と同じように、後ろについています。

そのことにより重心が体に近くなり、体がぶれずに草刈り機を振ることが出来ます。

MUR195は18Vの同じ出力のモーターが搭載されています

おなじ18Vのモーターですので、本体の使用感も同じです。

出力数値としては、22mLエンジン式同等の使用感とメーカーは書いてます。

エンジン草刈り機と比べると、排気量23(cm³)クラスと同じくらいとなります。

MUR195は、無段変速のスピードコントロールレバーが付いています。

マキタ公式サイトより

従来のマキタ充電式草刈り機はボタン押しによる回転切り替えでしたが、MUR195は無段変速で回転を調整できる方式になりました。

このことによって手元も見ることなく、草の状況に合わせて回転を調整する事が出来、作業の効率化につながります。

MUR195UDRGとMUR195SDWF違いまとめ

以上、マキタ草刈機MUR195UDRGMUR195SDWFの違いを比較してどちらがおすすめかお伝えしました。

大きな違いは、付属のバッテリーと充電器の違いですが。本体は同じでもバッテリーと充電器の違いによって価格に差が出ます。

MUR195UDRGは少ない面積を、草刈りされる方などにおすすめです。少しでも価格を抑えたい方にもお勧めです。

MUR195SDWFは広い面積を、草刈りされる方にお勧めです。バッテリーの大容量と急速充電により草刈り作業が更にはかどる事になります。

付属のチップソーに関しては、どちらも取付できますので別途購入でも対応できます。

最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。

付属バッテリーが6.0Ahと充電器のセット品MUR195UDRGはこちら

付属バッテリーが3.0Ahと充電器のセット品MUR195SDWFはこちら

タイトルとURLをコピーしました